Sublime2でMarkdownプレビュー

Tags : Sublime2   Markdown  

githubなどにコードを保存する場合、Markdown形式でREADMEファイルなどを書く習慣となっています。

Markdownはテキストエディターで簡単に編集でき、人間も読みやすい形式ですが、HTMLへコンバートされ、ブラウザ上でどう見えるかプレビューする必要を感じます。

Sublime2には編集中のファイルをコンバートし、ブラウザ上で表示するパッケージが存在しています。

インストール

ctrl+shift+pでパッケージコントロールを起動します。installと入力し、Package:Installを選んでください。markdownpreと入力していき、Markdown Previewを選択し、インストールしましょう。

使用法

ctrl+shift+pmarkdownと入力すると3つの機能がリストされます。

  • Markdown Preview:preview in Browser
  • Markdown Preview:open Markdown Cheat sheet
  • Markdown Preview:Preview in Subline text

preview in Browserが、ブラウザで表示する機能です。一番使用します。

open Markdown Cheat sheetはチートシートを表示します。英語です。

Preview in Subline textはコンバート結果を、他のタブで表示します。

一番良く使用するであろう、プレビューの機能をショートカットに割りつけておくと便利です。

{ "keys": ["alt+m"], "command": "markdown_preview", "args": {"target": "browser"} }

alt+mに割りつける例です。PreferenceKey Bindings - Userで設定ファイルを開き、中に追加しましょう。