Laravel4、インストールを早くする

Tags : Laravel4  

Composerの仕様がややこしいので、簡単にまとめます。過去に書いた記事の内容も含みます。

開発時インストール

create-projectコマンドを使い一気に作成する場合と、インストール用のzipファイルを落とし、それを利用する場合の2つがあります。

なお、composerのデフォルト値は結構頻繁に変更されるため、composer self-updateをかけた直後は、気をつけましょう。

create-project

コマンドは以下の通りです。

composer create-project laravel/laravel ディレクトリー名 --prefer-dist

コメント日本語翻訳版をインストールしたい場合は、次のコマンドです。

composer create-project laravel-ja/laravel ディレクトリー名 --prefer-dist

create-projectコマンドの場合は、--prefer-sourceがデフォルトになっており、ソースをクローンするため、時間がかかります。--prefer-distを使用すると、'dist'からインストールされるそうです。オプションについては、Composerのドキュメントに説明がなく、コマンドラインのヘルプの内容です。圧縮形式で転送され、解凍されるようです。

install

まず、composer.jsonを含んだ、インストールパッケージを落とします。

お好きなディレクトリーに解凍してください。そのディレクトリーに移動します。

composer install

installのデフォルトは--prefre-distになっているため、オプションを付けなくても、転送量が少くて済みます。

パッケージの追加

本番環境でも使用する、ライブラリーなどのパッケージは、"require"セクションに指定します。

開発環境でのみ使用する、テストツール、デバックツール、解析ツールなどは、"requre-dev"セクションに指定します。

composer update

上記コマンドで、指定したパッケージを取り込みます。

本番環境への移行

とりあえず全部のファイルを本番環境へ移行する場合と、必要なソースだけ移行する場合があることでしょう。(もちろん、DBなどのストレージの内容は、マイグレーションやシーディングを使用していない限り、別の話となります。)

まるまるコピーの場合

不必要な、"require-dev"で指定したパッケージを削除するため、以下のオプションを付けupdateしましょう。

composer update --no-dev

必要なソースだけ移行する場合

composer.jsonを含め、必要なソースをコピーします。(具体的には、通常app、bootstrap、publicディレクトリーとなるでしょう。)

composer install --no-dev