Laravel4リリースに関しての当サイトの予定

Tags : Laravel4  

当サイトと言うより私の予定です。メモ的なものですから、後で削除します。

まずリリース直後の作業が多いため、作業予定をいくらか変更したいと思います。

27日

新機能の追加などに、ドキュメントが追いついていないようです。そのため27日日本時間早朝の時点の最新版を元とし、訳されていない部分を翻訳、速報版として電子書籍を更新し、その内容を現状のlaravel4.kore1server.comに置き換え公開します。(予定を一日繰り上げます。)

それに伴い、laravel4.kore1server.comの構成を多少変更します。そのため表示が乱れたり、サイトがオフラインになることもあります。ご了承ください。

28日

時差の関係で、実質的には29日になるかも知れません

リリース直後、設定ファイルを含めたインストール時に読み込むファイルのコメントを日本語に翻訳したものをgithubでリリースします。

これで少くても、英語ができないからできる人に出遅れるという事は無くて済むと思います。

この作業以降は、以下の優先順序で作業します。

  1. 公式ドキュメントの大きな更新に対応
  2. 初期インストールに必要なファイルのコメントの英文更新に対応
  3. Code Brightの翻訳
  4. Testing decodedの翻訳
  5. 公式ドキュメントの小さな更新に対応
  6. API関係の翻訳
  7. 6月末の時点で、

公式ドキュメントの翻訳は多少の手を加えることがありますので、「公式」ではありません。私訳です。翻訳したものは電子本でまず速報版としてリリースします。その後時間を置き、見直し正式版としてリリースします。続いてlaravel4.kore1server.comの内容を変更します。

Code BrightとTesting decodedの翻訳は交互に1から2章程度ずつ行います。終わった章から日本語版は順次リリースします。最初は荒訳版としてリリースし、全章の翻訳が終わってから、見直し正式版としてリリースします。当初はCode Brightが少ない章でリリースして、内容を増やしていくという話でしたが、著者の話によると既に全書のCode Happyを超えたページ数になっているらしく、こちらの予定も修正が必要になっています。

Laravel3でもAPIを公開しましたが、余りアクセスはなく、今回のLaravel4でも同様だと思われますので、優先順位は下げました。既にヘルパーやHTML、Formだけは先行して翻訳し、公開しております。)

Laravel3の公式ドキュメント翻訳電子書籍では、コメント部分を翻訳した日本語コアをおまけにしました。今回も同様です。(秘密ですが全部のコメントを翻訳するという無謀な挑戦を行なっています。これでフレームワークの構造を研究したいとか、Laravelの仕組みを詳しく知りたい方の手助けに多少はなると思います。本当に多少です。なにせ、コメントなんてそんなものですからね。コードそのままだったり、古い内容らしいものが残っていたり、どうもコードと内容が合っていなかったりで、泣かされています。どうしてもコメントのクリーンアップは後回しになっちゃうんですよね。誰でも。:D ただし、Laravelはコアのコード自体もすっきりしていますから、読みやすいんですよ。)